どんなところに注意すればいい?中古の外車を選ぶときのポイントとは

正規のディーラーが扱っている認定中古車とは

外車市場では主に正規ディーラーが扱う認定中古車と、並行輸入による車両の2種類が流通しています。並行輸入の車両は形式に違いがあり、車両保険にそのまま加入できない場合があるので注意です。認定中古車はすでに国内で登録が済んでいるため、車両保険にも加入しやすくなっています。保障やアフターサービスも充実しているので、中古車を初めて購入する方にもおすすめです。リコールが発生した場合にも、新車と同じようにディーラーですぐ対応してもらえます。外車といっても、購入の手続きは日本車と全く変わりません。国内の環境や保安基準に適応したものだけが販売されているため、メンテナンス面でも安心感があるでしょう。

並行輸入車を購入する場合には

並行輸入車はディーラーを介さないことで、販売価格も安く抑えられています。車種をはじめグレードやカラーといった、豊富なバリエーションから選べるのが魅力です。保安基準に適合させるためのメンテナンスも販売店へ依頼できます。現状での受け渡しなど、車両の状態によってはパーツの交換が必要になることも多いです。車両を購入する際は、任意保険へ加入できるか事前に保険会社へ相談しておきましょう。代行業者を通して購入するなら通関手続きや輸送の手配も任せられます。安く購入したい場合には、海外のオークションなどで個人輸入するのも一つの方法です。手続きにはそれなりの時間や費用もかかるため、トータルのコストを見ながら検討してみましょう。

ボルボの中古車はデザインが独創的で使い勝手が良いです。しかし、ボルボの新車のデザインより中古車のほうが人気が高いため中古車を選ぶかたが多いです。